Yasei Collective

Yasei Collective

  • Artist
  • Genre
  • Released Date01 January, 1970
  • Label

2009年に米国より帰国した松下マサナオ(Ds)、中西道彦(Ba,Synth)が斎藤拓郎(Voc,Gt,Synth)と共に結成。
2010年、別所和洋(Keys)が加入。 自主制作盤『POP MUSIC』をリリースし、都内を中心にライブ活動をスタートさせる。
2011年、1st アルバム『Kodama』をマインズ・レコードよりリリース。 2012年、FUJI ROCK FESTIVAL’12に出演。
2013年、2ndアルバム『Conditioner』をリリース。 自らのルーツと公言する、米国屈指のジャムバンド、Kneebodyを招いてのレコ発liveを実現させた。
2014年、柳下“DAYO” 武史(SPECIAL OTHERS)、浦山一悟(ACIDMAN)、在日ファンク・ホーンズ等、国内外から超豪華11組のアーティストを迎え完成させた、五周年アニバーサリーアルバム『so far so good』を発売。 発売記念ツアーは全国30公演に及び、アルバム参加ゲストを多数迎えた代官山UNITでのツアーファイナルは大盛況のうちに幕を閉じた。
2015年9月より、ACIDMANの所属事務所であるFREE STARへ新たに加わり、それに伴い自主レーベルである「Thursday Club」を設立。11月にはシングル『radiotooth』、2016年4月には4thアルバム『Lights』をリリースした。
2017年1月、台湾において初の海外公演を開催、同月には世界を代表するドラマーであるMark Guilianaをゲストに迎えたブルーノート東京公演を開催。
5月には1年ぶりのニューアルバム“FINE PRODUCTS”をリリース、12箇所に及ぶ全国ツアーをスタートさせる。5年ぶり2回目の出演となった“FUJI ROCK FESTIVAL 2017”を含む各地のロックフェス、ジャズフェスに出演。
並行してヴォーカリストTOKUのアルバム“SHAKE”においてギタリストSUGIZOと共演、Zepp Tokyoで開催されたACIDMAN 20th Anniversary 2man tour セミファイナルにおいてオープニングアクトを努める。
さらに自主企画2マンイベント「Hunting Hour」を立ち上げ第1回目にメンバーとも親交が深い「SPECIAL OTHERS」を迎え2018年2月に開催するなど、ジャンルレスに快進撃を続けている。
また、メンバーはそれぞれYasei Collective以外にも多数のバンド(GENTLE FOREST JAZZ BAND、ZA FEEDO、Pontadelic、HH&MM他)に参加、客演やCM、レコーディング参加等多岐にわたる活動も並行して行っている。